ページTOP

よくある質問

プールの水が変色したのは?

緑色に着色した場合
1. 原因は、藻が発生したためです。アクアクリーンGをプールの水100立方メートルに対して2kg投入してください。
殺藻後、ろ過機を運転(24時間)し、藻を除去してください。
2. 原因は鉄分(溶解鉄)やマンガンなど、金属イオンの影響です。pHを7.5~8.0に調整し、プールの水100立方メートルに対してネオクロールフレッシュ1kgを遊泳終了後に投入し、ろ過機を運転(24時間)してください。
茶褐色に着色した場合
原因は、鉄分の影響です。上記「鉄分(溶解鉄)やマンガンの影響」の場合と同様の操作を行ってください。
白濁した場合
1. 原因は、ろ過機のトラブルです。ろ過機が故障している場合は早急に修理してください。
2. 原因は、有機物(水あか)による影響です。スーパークロリネーションを行ってください。プールの水100立方メートルに対してネオクロールフレッシュ1.0~1.5kgを遊泳終了後  投入し、ろ過機を運転(24時間)してください。
3. 原因は、日常の塩素不足です。スーパークロリネーションを行ってください。水質の改善を行ってください。


目が充血し痛むのは?

原因は、pHの異常化、水が汚れているためです。プールの水が酸性の場合にはペーハープラス、アルカリ性の場合にはペーハーマイナスで中和し、pHを中性(7.0)付近にしてください。水が汚れている場合は、ネオクロールフレッシュによりスーパークロリネーションを実施してください。


遊離残留塩素が規定以上あるのに大腸菌群が検出されたのは?

原因は、pHがアルカリ性に移行しているためです。ペーハーマイナスで中和し、pHを中性(7.0)付近にしてください。


プール水、足腰洗槽排水時の注意は?

脱塩素剤クロルイーターを使用して残留塩素濃度を中和して排水してください。


薬剤を入れても遊離残留塩素が検出されないのは?

原因は、尿・汗からのアンモニア分によって結合塩素(クロラミン)ができているためか、pHが極端に酸性になっているためです。
結合塩素ができていたら、ネオクロールフレッシュによりスーパークロリネーションを行い、pHが酸性になっている場合はペーハープラスで中和し、pHを中性(7.0)付近にしてください。


スーパークロリネーションとは?

塩素殺菌・消毒による管理を行っていても、遊泳人数が多くなると尿や汗などによって水中のアンモニア分が多くなり、水質が悪くなることがあります。
この場合、アンモニアと塩素が結合して目に対する刺激が生じます。
この現象は、一般的には水中の塩素が多すぎて起こると思われがちですが、実際には水中の塩素不足によっておこる現象です。
このようなときには一時的に塩素濃度を高くし、アンモニアを分解させます。
このような処理をスーパークロリネーションと言います。